旅する47都道府県!

女サラリーマン、旅にお酒ときどきお金

クラウドファンディング「47ワインツーリズム」に参加

お題「これ買いました」

きっかけは山梨県のワインツーリズム、そこから流れて?下記のようなクラウドファンディングがあるというので、ちょっと(下心も付けて)寄付してみた。えへ。

47winetourism -47都道府県の自然・人間・文化を味わう旅-

  • d47 MUSEUM 第29回展覧会
  • 会 期 2022年2月4日(金)~ 2022年5月8日(日)
  • 時 間 12:00~20:00
  • 場 所 d47 MUSEUM
続きを読む

山梨県オンラインサロンのワイン(2022年2月)

お題「これ買いました」

3月も下旬、昨日今月のワインも送付されてきましたが、ようやく2月分をご紹介。

f:id:yfroot425:20220327104242j:plain
2月は塩山洋酒醸造のワインです!

www.enzanwine.co.jp

これまで同様、きっと飲んだことあるかな!と思っていたのに、自分のこのブログを検索する限りではどうも初めてのようだ。否、絶対飲んだことある!と思ったところ、ありましたが.. えっ?1本だけ?

続きを読む

JRで日帰りは初「岩原スキー場」で春スキー

お題「ささやかな幸せ」

何を求めてスキーに行くのか?

(個人的ですが)今年の1~3月は多忙なのでスキーは無理だと決めつけておりましたが、毎年恒例のメンバーから「今年は3月12日でお願いします!」と連絡が来たら、自分調子よく「オッケー」と..。

さて、どうしようかと悩んだものの... メンバーは永遠の初級者(運動音痴気味やケガが怖いから無理しない)なので、正直多彩なコースがあるとこより、超ド緩斜のバーンが好まれるものの、そこそこ滑れる自分はそういうところばかりも飽きる。

f:id:yfroot425:20220317214358j:plain
岩原スキー場近辺の様子

それにしても、上達したい!という動機も乏しいのに、何を求めて我々はスキーに行くのかな?と考えてみたところ、ちょっとした非日常性やら雪との戯れが楽しいんだ!と思い当たった。そして、こういうことが平和で幸せなんだなと。

続きを読む

山梨県オンラインサロンのワイン(2022年1月)

3月になってしまったが、1月分をご紹介!

f:id:yfroot425:20220302204109j:plain
くらむぼんワイン

(先月のキザンワインに続き)きっと飲んだことあるかな、と思っていたのに、自分のこのブログを検索する限りではどうも初めてのようだ。否、絶対飲んだことある(はず)。

kurambon.com

「くらむぼん」って響き、いいよね。気づく人は気づくと思うけど宮沢賢治のアレです。私はつい音楽バンドも思い出してしまうけど。

続きを読む

山梨県オンラインサロンのワイン(2021年11月)

お題「これ買いました」

オンラインサロンなるものへの入会目的は、世間に出回らないワインを飲みたいという飲み意地です。Instagram非公式アカウントで展開されているので、詳細をお見せすることはできませんが、備忘も兼ねて送付されてくるワインをばご紹介。

主催者はこちらなのでしょうか。

fourheartsgrocery.com

私は妥当な料金で、いろんなワインを楽しめればそれでいいのよ。

2021年11月はこちらの2本

f:id:yfroot425:20220102103958j:plain
シャトー酒折ワイナリー株式会社

続きを読む

北海道産ワイン「DOMAINE RAISON(ドメーヌレゾン)」飲み比べ4本

(よくある)ご無沙汰な更新からの再びです。

しばらく洋物ワインばかり飲んでましたけど、またボチボチ日本ワインを飲んでゆきたいなと。それには、ツヴァイゲルトレーベ、もっといろいろ飲みたいので入手経路?を開拓する必要がある!と思っているものの、なかなかむずい。

少し前になりますが、北海道産のワインを購入しました。

domaine-raison.com

目下は残念なことに、ちょっと品薄のようだけども。

続きを読む

酒田市へ(その3)酒田市美術館と土門拳記念館へ

酒田市美術館

洲之内氏の美術随想「気まぐれ美術館」とそのの続編「帰りたい風景」では酒田の思い出&出来事が語れているけど、実は酒田市美術館への言及はない。そこで語られているのは、酒田市出身の画家で早世した小野幸吉のことである。

酒田市美術館は1997(平成9)年だから、洲之内氏(1987年没)ご健在時には存在しなかった...けど、酒田出身ならあるかな?と期待したけど...

f:id:yfroot425:20210407154534j:plainf:id:yfroot425:20210407154537j:plain
酒田市美術館

www.sakata-art-museum.jp

上記サイトからの引用になりますが

続きを読む

酒田市へ(その2)港都や料亭文化を感じられるとこ

紹介する名所はこちら

前回からの続きで、山形県酒田駅周辺の名所をばご紹介。今回は地元の豪商本間家ゆかりの土地以外から。

  • 相馬樓
  • 山王くらぶ
  • さかた海鮮市場
  • 山居倉庫
  • 旧鎧屋

あいにく「さかた海鮮市場」の画像はない。地元の方々が、ちょとアウトレットモールへでも来るノリで集まっているような感じがあり、つまりテーマパークで漂う高揚感があった。「食事処 海鮮どんや どびしま」はボリュームあって心惹かれたが、旅に出ると食傷になるので、夕食のためにここでは見送りとした。そして、妙にカップルが多かったけどデートコースの定番なのかしらん?

以下、地理的に追いかけた順番で。

山居倉庫

f:id:yfroot425:20210404173248j:plainf:id:yfroot425:20210404173244j:plain
山居倉庫

続きを読む

酒田市へ(その1)吉田健一&洲之内徹両氏のエッセイに触発され

山形県酒田あれこれ

洲之内氏の新潟&酒田を旅した「気まぐれ美術館」を読んでいて、北前船の寄港地でもある山形県酒田市への興味が募った。それまでは、酒田と聞けばNHK連続テレビ小説おしん」の奉公先があったというイメージしかない。

天気予報は雨だったけど、晴天で地元の方々も興奮するほど鳥海山がきれいに見えた。

f:id:yfroot425:20210402210302j:plain
酒田駅前からも鳥海山

続きを読む

JRスキー初めての「石打丸山スキー場」春スキー

お題「気分転換」

早く行かないと冬が終わる!っと思っていたら、本当に終わってしまった感じですが、まだ雪はありました。

f:id:yfroot425:20210326184919j:plain
石打山山頂近くから新潟市方面

越後湯沢拠点にいろいろ行ってるけど

日帰りスキーとなれば、やっぱり新幹線を利用した越後湯沢駅周辺が便利だけど、大規模なのに足が向かわなかった石打丸山。30年近くむかしの学生時代から存在は耳にしていたけど、行ったのは今回が初めて。

ishiuchi.or.jp

続きを読む

北海道産ワイン「多田農園」飲み比べ3本

お題「ささやかな幸せ」

ちょっとのワインでの晩酌が幸せ

もう単純に、北から順番でお取り寄せ可能な日本産ワインを飲んでみようかなという、独り企画。日本縦断できるとよいな。

まずは多田農園、こちらからです。

ninjin-koubou.com

サイト見ているだけの机上旅行でも楽しい。ペンションも併設しているようで、ドライブして自然や大地を感じて?泊まりたい。

今回のお取り寄せはこちら。

続きを読む

2021年新春振返り!山梨ワイン2020年ボジョレーを飲んで

お題「#買って良かった2020

ぼんやり?しているうちに月日は流れてしまった...。それでも今更ながらですが、記録も含めて感想を残しておこうかなと。

「ヌーボーdeカンパーイ!!FUEFUKI 2020」

11/2の夜24時、Zoom経由で事実上11/3に一斉に山梨県笛吹産のワインを抜栓して飲むというイベントに参加してみた。

r.goope.jp

続きを読む

新潟県長岡市プチミニ観光備忘メモ

三時間程度のプチミニ観光

旅行したのは秋真っ盛りの10月上旬、もう年末です。だけど、やっぱり(自分の為に)残しておきたいなという理由で、ブログ書く。

公共の場を借りて申し訳ないが、後々振り返って自分のブログを読むのが好きである。こんなことをしているから、時間がなくなるのだが。

旅行最終日は月曜日で、期待した県の美術館などお休みだった。それでもどこか観光したいなと...

f:id:yfroot425:20201222220327j:plain
山本五十六記念館

続きを読む

新潟県松之山温泉へ!(秘湯・凌雲閣)

お題「ささやかな幸せ」

「ささやかな幸せ」とは、食う寝る風呂!ということで、それに少し贅沢を追加して温泉宿へ。

もう1か月前のことになりますが、出かけたのは10月本当なら三連休のころ。

f:id:yfroot425:20201108173930j:plainf:id:yfroot425:20201108173933j:plain
松之山温泉「凌雲閣」外観

続きを読む
GoTop