中央線沿いで暮らす。

遠くに行かなくても楽しいが、たまには遠くへも行きたい!

「パリ・リトグラフ工房idemから」展へ

東京ステーションギャラリーで開催中

東京駅神田方面の端にあります。

f:id:yfroot425:20160121212510j:plain

原田マハのキャッチコピーも説得力あります。

君が叫んだ
その場所こそが
ほんとの世界の
真ん中なのだ。

www.ejrcf.or.jp

リトグラフの工房

パリにあるリトグラフの工房で作成された作品の企画展で、作家のマハさんが提案?したのでしょうか?

彼女は近代西洋術に造詣が深いようで、それを題材にした作品を発表してます。そして、こちらの新作の表紙はジャン=ミシェル・アルベロラ作で、当工房で作成されたとか。

ロマンシエ

ロマンシエ

工房自体は随分前から存在し、ピカソらも利用していたと説明されてました。それでも今企画は最近の作品を主に構成されていて、リトグラフと言いつつ技術の進歩に応じてかカラフルな作品もありました。

現代アーティスト20人の叫びと囁き というサブタイトルも良いですね。

20人とは次の方々で、この世の方もあの世の方もいらっしゃいますし、若くない人も若い人もいらっしゃいます。具体的な作品は、上記ギャラリーのサイトに一部掲載されてます。

リトグラフなので、抽象画のような作品もありますが、私はJR(Japan Railway の略ではなく、フランス人作家です)氏の写真がベースになっている作品がわかりやすくて気に入りました。

なおデヴィッド・リンチ氏は映画監督で、アーティストのお顔もお持ちだったのですね。

独自な企画展のステーションギャラリー

駅の片隅にあるので常設展はなく、企画展のみですがゆっくり回っても1時間弱くらいの規模の大きさで、時間帯を選べばさほど混まず結構ゆっくり見ることできます。私の場合は、通勤途中でもあるだけに、年間パスポート(¥4,000)を購入し気ままに寄ってます。

こちらの企画展も見応えありました。 yfroot.hatenablog.com

美術館での勤務経験もあるマハさんですが、友人に勧められたこちらも楽しく読めました。有名画家をモチーフに想像力を膨らませた作品になっていまして、どこか切ないです。

GoTop