中央線沿いで暮らす。

女サラリーマン、食と本と旅とお金のこと

私も初めての1枚とこのカメラで数枚

初めての1枚

aremo-koremo.hatenablog.com

こちらの記事に触発され、みなさんが投稿していたので、反応遅い私ですが今さらながら私も探してみました。理由はともかくとして、デジタルカメラということで。古いことには負けません(?)。

f:id:yfroot425:20151007235202j:plain

1997年10月17日撮影。

やさぐれてニューヨーク滞在中。よりによってこちらが最初の1枚。パソコンに取り込んで興奮してました。

年齢がばれますが、Sonyマビカ(1997年に購入)です。かなり旅行先で使い、ほどほど画像はあるのですが、その中から上記の最初の1枚とお気に入りの数枚です。

f:id:yfroot425:20151007235404j:plain

1997年12月25日ニューヨークのエリス島かな。あのビル2本が写ってます。続く画像は、1999年9月に訪れたパリ。

f:id:yfroot425:20151007235414j:plain f:id:yfroot425:20151007235421j:plain f:id:yfroot425:20151007235432j:plain

パリの後に訪れたアメリカワシントン。

f:id:yfroot425:20151007235652j:plainf:id:yfroot425:20151007235654j:plain

記憶媒体はもはや博物館入りを待っている1.4MBのフロッピーディスクです。そのため1枚の画像も10〜40数KB、今であればガラケーのカメラよりしょぼいです。

ファイルは軽いし、適度に不鮮明だから想像力が掻き立てられます。それでも当時は、よく写っている!と喜んで撮りまくってました。この後、もっと向上心を持って取り組めば、今ごろ私も素敵な写真が撮れるようになっていた(かもしれません)。

ご参考まで。

デジタルマビカ - Wikipedia

その後のカメラ

このマビカ、2001年にニューヨークからの帰途、JFK空港で突然の別れにより私の元を去ってしまいます。弟の婚約者へのお土産であるエルメスのスカーフを盗まず、なんと!フロッピーのマビカが盗まれたのでした。

次にはヨドバシの店員に勧められるがまま、富士フィルムFinePix 4500を購入しました。これも適当に気に入り、かなり旅先に持ち歩いたのですが、なんと3年ほど使用して突然シャッターが開かなくなり、さよならとなりました。

日本製でも壊れるのね、と思ったものです。

2001年5月 台湾 f:id:yfroot425:20151008000040j:plainf:id:yfroot425:20151008000047j:plain

2002年2月 ハンガリーブダペストf:id:yfroot425:20151008000059j:plain

2002年3月 バルセロナ f:id:yfroot425:20151008000102j:plain

2003年12月 オランダ(アムステルダムf:id:yfroot425:20151008000106j:plain

海外旅行ばかりしていました。

その次は、チャレンジャーなことに水中でも撮影したいと数回しか潜らなかったダイビングのために、数万円もしてハウジングというカメラケースに合わせてオリンパスのカメラを購入しました。

この頃から、1枚の画像が1MBを超えるようになりました。

2004年8月 石垣島 f:id:yfroot425:20151008000401j:plain f:id:yfroot425:20151008000417j:plain

2005年8月 与論島 f:id:yfroot425:20151008000437j:plain

正直、こちらはハウジングと併せて買ったせいか、愛着は乏しかったです。そのせいでもないのでしょうが、この頃からしばらくカメラで撮影する意欲が減退してゆきました。

今のカメラ

その後は今でも利用している

こちらでも少し触れてますが、まだフィルムは1歩前進3歩後退な状況におります。

yfroot.hatenablog.com

写真、上手に撮れるようになりたいです。

GoTop