中央線沿いで暮らす。

巨木や眺望など大きな写真を撮りたいなと...

荻窪の有名ラーメン店の夏限定メニュー食して

総論はどこも美味しいから違いや工夫を楽しむ

ある意味大きなテーマ過ぎて触れずにいたのですが、ちょと驚きもあり自分も書いてみようかなと。正直、どこのお店も美味しい。常連も多く、行列もできてますが、近所の特権をいかして空いてる時(平日夜)を狙って伺う。

旅人の木

以前は吉祥寺にあったようですが、もう荻窪駅南口に移転してどれくらい経つのでしょうか?辛いもの好きなので、いつもこちらの台湾まぜそば(¥850)ばかりを食べてしまう。

旅人の木の台湾ラーメン

こちらのお店は汁なし油麺が売れているようです。自分もスタンダードな醤油ラーメン、まだ食べたことないです。今は暑いので、もう少し寒くなったら今度こそ醤油ラーメン食べてみます。絶対美味しいと思う。

他にカレーのスパイシーさを活用したインドまぜそば、基本の油そばは、トッピングやテーブルに置かれた調味料(七味とか酢とかナンプラーとか)で独自のテイストに仕上げて食べている人が多い。多くの人がメニュー見ず悩まずオーダーするので、常連であることがすぐわかります。

f:id:yfroot425:20170815220844j:plain

というこちらの店で、この夏初めて食べたのが涼麺(¥900)でした。お昼のみ、冷やし中華とも違い、汁無しでラーメン食べている感じあります。そして、トッピングのさきイカが微妙な味わいを出してくれます。店主のセンスだなと。

お店のブログも地味に(失礼!)更新されてて、結構面白い。店名にもあるように、旅好きなようで旅ネタ(個人的に)興味そそられます。

旅人の木(荻窪のラーメン屋)店主の日記 - livedoor Blog(ブログ)

常連になっても進化が楽しめるお店です。

函館塩ラーメン 五稜郭

こちらは、以前区民ライターとして取材させてもらってます。

yfroot.hatenablog.com

メニューは店名にある通り塩ラーメンのみですが、ここからがすごい(と思っている)。

基本スタンダードでも十分美味しいですが、季節ごとに旬の素材を現地から取り寄せて変化をつけている。こちらは春にいただいた、北海道産春のアスパラ入りの塩ラーメン。

f:id:yfroot425:20170815221321j:plain

醤油も味噌も好きですが、やっぱり塩ラーメンはシンプルで「美味しいわ」と実感します。

f:id:yfroot425:20170815221340j:plain

で、先日この夏初めて食べたのが冷たい塩ラーメン(¥900)。暑くてラーメンという気分でなかったですが、「すだち入荷」の情報を聞き食べてみました。

食べながら「なんだろう?この新感覚?」と思ってましたが、韓国の冷麺に似ているかもしれません。

そして、何しろビジュアルが女子向きかと、ラーメンでこの盛り付け!センスに驚きました。食後の罪悪感?もないので、私は一押しです。緑のすだちは数量限定、次回は通常の黄色のレモンも食べてみます。ビジュルアルとしては、黄色の方がますます女子っぽいかも。

常連になっても変化が楽しめるお店です。

荻窪中華そば 春木屋

うちから一番近いラーメン屋さんで、荻窪を代表するお店かもです。自分の中でも20年以上も前からすでにメジャー、今のお家に引っ越してきた時ですら「これが、あの春木屋か…」と思ったほど。

春木家本店もあるけど、お店は異なります。この違いに触れると長くなるから、ひとまずこれはここまで。

(私が言うのもおこがましいですが)優秀で外れないお店です。

店内は綺麗だし、オペレーションの連携も素晴らしい。メニューも基本の中華そば(¥850)を基本に、あとは大盛りとかワンタンとか、少し変化をつけただけで効率化してます。

そんな春木屋が夏だけ(荻窪店で)出すのが、つけ麺(¥950)と冷やし中華

f:id:yfroot425:20170815221702j:plain

こちらのお店、週末になると終日行列できます。

近所の自分は「週末に人を並ばせてしまうラーメンってすごいな」といつも感心してますが…(個人的に思うのは)初めての春木屋であれば、是非一番基本の中華そば(¥850)がお勧め。他も美味しいですが、割高だし、どちらかと言えば、つけ麺とか冷やし中華は目先の変化のため?のような感じが否めなかったり。数年前まで存在しませんでしたし。

こんな立派なホームページがあること、今知りました(驚)!

www.haruki-ya.co.jp

しかも株式会社で「国際事業部」があるんですね。こういうところが、やっぱり優秀なんです。

GoTop