中央線沿いで暮らす。

遠くに行かなくても楽しいが、たまには遠くへも行きたい!

マンズワイン小諸の試飲会

キッコーマンのワイナリー

マンズワインの試飲会に参加してみました。マンズワインキッコーマン酸化のワイナリーであることは知ってましたが、どちらかと言えば、長野(小諸)より山梨(勝沼)のイメージが強かったです。

説明を聞いてわかりました。小諸は勝沼より高級志向(概ね5,000円以上)のソラリスを生産しているとのこと。なるほど。

f:id:yfroot425:20150815170737j:plain

試飲会は久しぶりなので、早く飲みたくてソワソワ。今回ご案内していただいた工場長は、まだ就任間もないようで、少し不慣れな感じで人々の様子を伺っておりました。

まずは地味目な感じから

初めて見ました。竜眼という長野というより善光寺の地で生産される独特のブドウだそうです。強い個性も主張はないのですが、日本のブドウとして大切に飲み続けたい気にしてくれます。

f:id:yfroot425:20150815170821j:plain f:id:yfroot425:20150815170829j:plain

高級志向の小諸にしてみれば、お手軽ラインナップの1本かもしれません。こちらも店頭やネット販売でもあまり見かけません。まああ、味がちょと雑ですが、私の手抜き料理にはあうかもです。

f:id:yfroot425:20150815170858j:plain f:id:yfroot425:20150815170908j:plain

ラベルが私好みかも。

いよいよソラリスシリーズ

隣の見知らぬ女子は誰かに誘われて参加したのでしょうか。最初は口数少なかったのに、ソラリスが登場し一口飲むと「あ、これ美味しい!」と急に口数増えました。

信州小諸メルロー2011 ¥7,000

f:id:yfroot425:20150815170941j:plain f:id:yfroot425:20150815170948j:plain

ボルドーの大会で金賞受賞した実績もあるようです。

続くは、信州東山カベルネ・ソーヴィニヨン2011 ¥7,000

f:id:yfroot425:20150815171008j:plain

さすがにこのクラスを飲ませてもらえると、誰もが口数増えて陽気な雰囲気になります。緊張気味だった工場長も「ここだけの話…」というスライドにはない本音トークが出て、ワイナリーの説明よりワイン作りの話も増えました。

最後にアイスワイン。パンフレットからの抜粋ですが、

完熟した葡萄を凍らせて、溶けてくるところ搾る

とのことで、甘いです。ラベル画像取得も忘れておりました。

f:id:yfroot425:20150815171031j:plain

私も知らず知らずのうちに結構飲んでしまったようで、この日は使いモノにならず、帰宅後はそのまま朝まで寝てしまいました。

今月中はネット販売で3,000円以上は送料無料らしいので、ちょとまとめ買いしておきましょうかな。

GoTop