中央線沿いで暮らす。

落ち着く地元・東京都杉並区

高円寺演芸まつり①

まず「昇太落語で、爆笑だぃ!」です。

高円寺演芸まつりが始まったよ。

f:id:yfroot425:20170211004414j:plain

第七回高円寺演芸まつり – あったまってます。

落語は気になっていたんですが… 時間がなくて耳学問だけでした。しかし、近所でこれだけボリューミーに盛り上がっているのだから、やっぱり乗らない理由もないなと。気になる理由はいろいろあるのですが、一番はそのミニマル(minimal)さです。語りだけで、演じるそれです。

春風亭昇太さんの師匠は5代目春風亭柳昇、柳亭芝樂さんは弟弟子ということで、今夜はファミリーのみなさんが勢揃いとのことでした。皮肉ですが、こうしてヒエラルキーの順番で登場すると、会場のボルテージが上がってゆくのが感じられます。やっぱり。

本日の演目

f:id:yfroot425:20170211004503j:plain

  • 子ほめ(昇咲)前座
  • 壺算(昇々)二ツ目
  • 薬缶なめ(柳亭芝樂)真打
  • 仲入り
  • 漫才(富田昇・陽)
  • 長命(昇太)真打

芝樂さんの薬缶なめが一番好み、武士の滑稽さに地がにじみ出ていたかと。隣のおばさんは、前座の昇咲さんが自分で演目台をめくってる時点で「自分でめくっている」と笑い「自分で座布団返している」と笑ってました。

昇太さんのライブは初めてです。

結婚適齢期の昇々さんが「自分の周りがだんだん結婚しているけど、師匠がこのとおりで…」と結婚ネタを出してました。個人の勝手な意見ですが、今後の昇太さんには、是非色っぽい大人の演目を期待したいかもです。個人の勝手な意見ですが(強調)芸人なので、多少浮いた噂があってもいいのではないかと。

干からびた今のご時世に、子供厳禁な艶っぽい噺を聞かせて欲しい。個人の勝手な意見です。女性の匂い?がしない上っ面だけの昇太さんの落語は… 嫌だな。

期間中、チケット購入済みのものそうでないもの、時間が許す限り高円寺に寄ってみたいなと。

GoTop