読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中央線沿いで暮らす。

遠くに行かなくても楽しいが、たまには遠くへも行きたい!

真城めぐみさんの生歌が聞けると

荻窪ROOSTERにとうとう

行ってみました。長年気になっていたものの、なかなか一人で足を運ぶきっかけがなかったのですが、きっかけは突然訪れました。

ちなみに今日の演目はこちら。

f:id:yfroot425:20151030005030j:plain

「ご予約で満席となりました!」とのこと。

f:id:yfroot425:20151030005229j:plain

ここ ROOSTERvelvet sun はお家から近く、いつも気になって外から眺めています。ベルベットサンは行ったことあるのですが、ルースターの方は初めて。

食べ物のメニューも魅力的でしたが、あいにくランチのカレーライスが胃に残っているため、赤ワイングラス(¥550)とたまり漬けクリームチーズ(¥300)でスタンバイしてました。

f:id:yfroot425:20151030005211j:plain

セットリストから

ステージのロゴ?が写れば撮影可ということで、調子に乗って私も気に入ったお歌で。

1st ステージ

f:id:yfroot425:20151030005259j:plain

一人で歌えるのは、セカンドラブくらい、他はサビは聞いたことあったり、初めてきいたのは、「どうぞこのまま」と「別れの朝」かな。

コンマスがサックス? しかも女性、というのが自分にとっては珍しくも。せっかくならチェッカーズ藤井尚之の旋律とか、聴いてみたくもあり。ストリングの旋律も好きですが、金管楽器のソロも孤高な感じがたまらなく好きです。

ということで、自分にとってストライクが出なかったものの、場の雰囲気と真城さんの話に浸ったまま、さくっと1stが終わります。それから、おつまみちょと食べ、トイレに行ってみるとマジックショー(っぽい)があり、2ndが始まりました。

2nd ステージ

(アンコール)

  • スローなブギにしてくれ
  • ヴィーナス

2ndは概ね知っている曲ばかり。その中でも一番刺さったのは、早見優

まさかこれが来るとは全く予想してませんでした。初々しい曲を、キーを下げ熟成たっぷりに聞かせてもらいました。熟成しているけど、全く臭くないです。明日は終日「… YES! … YES! … YES! … YES! 風がぁ〜吹くたび〜 気分も〜 揺れるぅ〜」と頭の中に回りそう。


早見優 夏色のナンシー - YouTube

真城さんご本人も言ってましたが、偶然にも選んだ曲が結果としてユーミンが多いと。やっぱり80年を歌うとすると、避けては通れないほど活躍されていたのですね。

是非、呉田軽穂名義のWの悲劇とかも聞きたかったです。

新宿や吉祥寺まで足を運べば、楽しめるライブハウスもいろいろあるとは思いつつ、結局そこまでの気力はない。が、そこまで行かなくても十分でした。

また新年にも来ていただけると耳にした記憶があるので、楽しみにしている。

突然のきっかけはここから

きっかけの始まりは長くなりますが、ここからです。

毎週欠かさず見ているNHKの番組があるのですが、こちら

www4.nhk.or.jp

リリーさんの司会が(良い意味で)あざとい。毎回、出演者はどうやって決めているのだろう?とか思ってしまう。Twitterで追いかけると、何気に出演者がどこかでつながる。

その出演者がまたカバー曲を歌うのです。これが、楽しい。

それで10月5日放映が「ましまろ」だったのです。

私は初めて知ったグループでした。が、各々はそれぞれ渋い活躍されている感じが、私の興味を煽ったのです。真城の「ましろ」と、真島の「ましま」を合成したとのこと。それに、ちょうど直前に職場で偶然にも、真島さんがいたTHE BLUE HEARTSブルーハーツ)の話をしていたこともあり、変に運命?感じて親近感を抱いてしまいました。

www4.nhk.or.jp

なお、先日こっそりとがっつりNHKに受信料を引かれて悔しい思いしてますが、この番組だけは今後も期待したいです。いずれ、収録行きたいです。

で、長くなるので、この番組への思いはまた次回(もしくはいつか)。

GoTop