読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JR中央線沿いで暮らす。

遠くに行かなくても楽しいが、たまには遠くへも行きたい!

雨の日に築地市場&場外デビュー

公共施設など *中央区

東京に住んでいても行ったことがない

今さらですが、行ってみました。長らく東京に住んでいるのに、都議会で議論に上がっていたのに他人事でした。すみません。

築地市場豊洲市場になる前に、是非とも昭和の残り香を感じたく、よりによって予定が空いた雨の日に行ってみました。何だか、築地は天気が良い日より、風の吹かない雨模様の方が似合います。

もんぜき通りです。

f:id:yfroot425:20150715225226j:plain

ここを超えると、いよいよ築地場内へ。

f:id:yfroot425:20150715225249j:plain

カラフルな雨よけの下は、こんな感じ。観光客多めですが、人出ております。

f:id:yfroot425:20150715225344j:plain

ひと仕事終えた築地場内から

f:id:yfroot425:20150715225512j:plain

右側に見える、団地群みたいなところが、場内の飲食店街になっています。

f:id:yfroot425:20150715225501j:plain

特定の店に、外国人の大行列ができているので、きっとガイドブックか旅行代理店か斡旋しているのでしょうか。そんななかでも、気になったのが珈琲店2店。店名と良い、外観といい、昭和ですね。

f:id:yfroot425:20150715230110j:plain

f:id:yfroot425:20150715231007j:plain

私が語るまでもなく、場内は鮨店より、むしろ場内の関係者が寄るだろう普通の定食屋、洋食店、中華、カレー屋の方が空いていて魅力的に感じました。それと、鰻屋さん。うなぎ好きの私は「うなぎか!」っと。

築地場外市場へ戻って腹ごしらえ

どうしても築地=鮨のような先入観が抜けず、ましては初回なので、やっぱり少し踏ん張ってもお鮨かな?とか太っ腹でいました。

f:id:yfroot425:20150715230140j:plain

にもかかわらず、何の予習もしていなかったので、人の流れに流され、こちらどんぶり横丁みたいな裏路地に入って、結局は勤務地のランチでも食べれそうな「ウニ&いくら丼+味噌汁」¥1,000を食べてしまいました。

「えっ!築地でこれ?」と思われるのも恥ずかしく、写真は掲載しませんが「一度は観光客向きの丼を食べておくのも悪くない、これも経験のうち」と総括しておきます。

次回を乞う、ご期待。

f:id:yfroot425:20150715230443j:plain

ここではコーヒー¥350だけをいただきました。

店に不釣り合いなようで、それでいて長年そこに設置されているせいか、妙にしっくりはまっているコーヒータンク?からコーヒがカップに注がれると、一瞬辺りはコーヒの香りに包まれました。

お店はこのように、通りに面しているカウンター席なので、通行客からは「良い香り」と言われるし、同じカウンター席にいた馴染み客ぽいおじちゃんは「俺も一杯もらおうかな」と言うし、私の注文に悪い気がしなかった店主のおじちゃんは、「どうだった?築地は?」と話しかけてくれ、少しばかり築地話を楽しむことができました。

後ろはこれほど人通り多いのに、割と静かに話しができる落ち着く空間でした。

焼肉カレーかまぐろ丼かしらす丼の三択しかないメニューですが、遠からずカレー・マグロ丼さかえやを挑戦してみたいと思います。今回の観光客向け丼よりは、築地の味に違いない。

ということで、移設まではもう少し時間はあるので、ちょくちょく足を運んでみようかと思ってます。

広告を非表示にする
GoTop