読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JR中央線沿いで暮らす。

遠くに行かなくても楽しいが、たまには遠くへも行きたい!

デジカメ練習には満開前の紫陽花で

写真やカメラ

一眼レフの威力はいかに?

よくわかっていないのに、潜在意識に巣食っていた欲望赴くまま、一眼レフを購入してしまいました。

目指す写真は、素直な写真。そもそも絵心なんぞないのだから、極力見たまんま、手を加えるのはトリミング程度、好きな風景を描けない分、自分が見たままを表現したいのです。

一眼レフ&コンデジ、両方とも絞り優先オートで絞りを調整しつつ、高感度確認しながらの撮影です。題材はこちら、職場近くの道端に生えている満開前の紫陽花

f:id:yfroot425:20150601235620j:plain

掲載用にサイズ640×480の百数KBに小さくしてます。

この不揃い感がよいかなと。こちらが全貌で、コンデジではピントが合わず撮影できませんでした。

コンデジもいける!

利用したカメラの仕様は、このような感じ。

Nikon D5300 でレンズが2本で¥80,420。

レンズその1

  • 焦点距離18-140mm(こちらを利用)
  • 絞りf/3.5-5.6

レンズその2(まだ使っていないです)

さてご紹介です。

f:id:yfroot425:20150601235731j:plain

流行り?の背景ボケを意識しました。自分の見た目ではボケてませんが、少し芸術性を加えてみるもの悪くないかなと。

f:id:yfroot425:20150601235733j:plain

似た画像でも、絞りの違いがわかりません。

一方、2007年ごろやっぱりカメラに憧れて買ったコンデジ。¥50,000〜60,000くらいだったかも。

Nikon COOLPIX P5000

カメラ仕様は一眼レフに比べれば劣りますが、使いなれればまんざら悪くない(嬉)。

f:id:yfroot425:20150601235818j:plain

f:id:yfroot425:20150602001125j:plain

f:id:yfroot425:20150602001127j:plain

焦点距離も近いですが、シャッタースピードもISOも一眼レフに比べれば、子供のような数値。でも、私はなんだか十分な気分と同時に一眼レフの威力も実感。

理解すべきポイントはこれなんだろうな

相変わらずポイントであろう

の関係が、今ひとつわからなくなります。構図は二の次、はやくこのファクターを自由に操れるようになりたいものです。

ということで、次回の自分課題は暗がりでの動きを検討してます。

広告を非表示にする
GoTop