中央線沿いで暮らす。

落ち着く地元・東京都杉並区

小石川後楽園は水戸黄門さまのお庭

亀と睡蓮と松

後楽園と聞いて、東京ドームができる前の巨人軍のホームグランドを連想するのは、昭和生まれての人かもしれません。が、本当は水戸のお殿さまのお庭。今回、私は藤棚目当てですき間時間を利用して訪れたのですが、一面迫り来る新緑ばかりでした。

f:id:yfroot425:20150517214019j:plain

そんななか、唯一睡蓮だけが白い彩を添えていたものの、よくよく見ると亀がいます。

その睡蓮も、まだ蕾も多く見頃はもう少し先でしょうか。

f:id:yfroot425:20150517214038j:plain

亀と睡蓮に絞って、正方形で切り出してみました。

f:id:yfroot425:20150517214039j:plain

遠目に見る亀は可愛いですが、近くで見ると結構グロいです。

江戸時代初期のお庭がポイント

都内にはいくつかお殿様のお庭があります。ここは江戸時代初期に造られたところが、珍しいとのこと。今回は緑ばかりでしたが、これからは花菖蒲も楽しめるそうです。次回は満開の睡蓮と花菖蒲を楽しみに再訪してみます。

f:id:yfroot425:20150517214247j:plain

向かって右手がメインの蓬莱島です。

それにしても、周囲はビルに囲まれ、背後では東京ドーム遊園地のジェットコースターがバンバン走っているので、お殿様方々が楽しんだようにお庭巡りの気分に浸るのは難しい。意外にも、西洋人の方々が多く寛いでました。

4月上旬に枝垂れ桜目当てで訪れた六義園が自分にヒットして、お殿様が造ったお庭が気になる今日このごろ。

GoTop