読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中央線沿いで暮らす。

遠くに行かなくても楽しいが、たまには遠くへも行きたい!

意外にあるある身近の老舗和菓子屋

緑茶にあうのは和菓子かなと

「茶を飲む」と言えば、95%はコーヒーを選ぶほどコーヒが好きです。

だけど、和菓子のときは緑茶が飲みたくなります。基本的に赤ワインが好きだけど、焼肉のときはビールが飲みたくなるのと同じ理由かも。とういことで、和菓子を調達すべく、何となく職場近辺の和菓子屋を探したところ、見つけたのがこちら。

東京 東西線門前仲町 | 和菓子 | 創業明治40年 深川 伊勢屋

やっぱり神社仏閣の近くには、老舗和菓子屋があるようです。

f:id:yfroot425:20150419110704j:plain

こしあん、草餅、味噌餡とラインナップがあり、一通り510円で購入してきました。

柏餅の季節であった

豆大福を狙って出かけたのですが、店頭を覗いて気がつきました。そうか、柏餅のシーズンだなと。

スタンダートです。 f:id:yfroot425:20150419110747j:plain

よもぎ、香りも味も大好きです。 f:id:yfroot425:20150419110803j:plain

味噌餡、好きかも(発見)でした。 f:id:yfroot425:20150419110840j:plainf:id:yfroot425:20150419110848j:plain

小豆好きではありますが、醤油より味噌味を選ぶ私の嗜好を思えば、味噌餡は捨てがたい選択肢な気がしました。

エコな和菓子

これまで深く考えませんでしたが、葉っぱで餅を包む発想など、昔の日本人もなかなか粋だなと思います。多分、今の時代は葉っぱで包む方がコストかかっているに違いないですが、エコな和菓子は感性を刺激してくれる気がします。

これかもランチ帰りに深川伊勢屋で和菓子を買ってこよう。

GoTop