中央線沿いで暮らす。

女サラリーマン、食と本と旅とお金のこと

甲斐駒ケ岳グラフィティ1

村営南アルプス林道バスの車窓から

前回の北岳間ノ岳もそうでしたが、ある場所から先へ、一般車は入ることできません。なので、南アルプス林道バスのお世話になります。これは村営だったのですね!

かなり盛況しているようにも思えました。村営とは言え、運転手さんの駄洒落も混じったガイド(私はそれなりに楽しい)、写真スポットでは止まって教えてくれるという、おもてなしぶり。

登りは進行方向向かって左側、降りは進行方向向かって右側の座席に座ることが重要です。ということで、車窓から眺める山々をご紹介。

降りのバスより、白い山頂が甲斐駒ヶ岳

甲斐駒ヶ岳

ギザギザしているのが鋸岳(のこぎりだけ)です。

鋸岳

登りのバスより、鋸岳の鹿ノ窓というのが、確認できました(画像真ん中の針穴みたいなとこ)。運転手さん、ありがとうございました。

鹿ノ窓

地蔵岳オベリスクとか、鹿ノ窓とか、愛着抱かせる巧い命名されるものです。だけど、オベリスクは小さい乳首みたいかも。

乳首なオベリスク

長衛荘改め、こもれび山荘のご飯

言うまでもなく、きれいな山荘でした。前回の北岳と比較するのも失礼ですが、朝方のみなさんの行動もとても静かで、「あれ!? 誰も起きないのかしら?」と驚く。

まずは、夜のお食事。ワイン飲みたかったけど、せっかちな雰囲気なので、鈍い私はタイミングを逸しました。

こもれび山荘夕食

朝食代わりのお弁当です。みそ汁がサービスで付きましたが、私にはみそ汁飲む余裕ありません。

こもれび山荘朝食

植物を少しだけ

なかなか覚えられないのですが、今回わりと存在感のあったものを覚えようかと思ってます。

ヤツタカネアザミかな? アザミには違いないのでしょうが…。

フジアザミ

これだは!フジアザミです。

富士山や南アルプス周辺の山地〜亜高山帯の草地に生え豪壮な印象。頭花は8cmと巨大。

毛が出ていればクレナイイチゴ(紅苺)のようですが、ゴヨウイチゴ(五葉苺)かな?

五葉苺

ジャムにしたい。

写真撮るほどではありませんが、きのこは見つけると楽しい(無意識のレベルできのこ食べている)気分になります。

GoTop