中央線沿いで暮らす。

巨木や眺望など大きな写真を撮りたいなと...

たまに食べたいデイリーヤマザキのC級グルメ

どデカばくだん「ベーコンオムレツ」

デイリーヤマザキは製パン業者ヤマザキパンの系列のせいか、パン商品は他のコンビにより美味しい。ランチパックも種類がいろいろあって楽しいが、デイリーホットと呼ばれる店舗では、できたて弁当など工場配送ではない食品があり、ここに各店舗(オーナー)のこだわりを見出すことができる。

営団地下鉄赤坂見附駅そば、以前の職場近くにあった2件のデイリーヤマザキ(オーナー同じ?)は、私の数多くない「デイリーヤマザキのデイリーホット」経験のうちで、最もB級グルメ度が高い店舗である。とくにお勧めなのが、どデカばくだんおにぎりシリーズのうちで、多分この店舗オリジナルと思われる「ベーコンオムレツ」。ジャンキーな炭水化物好きなら、好きになれる!

210円
f:id:yfroot425:20140830224034j:plain

ベーコンオムレツの説明

大きさは、人間に握りこぶしより大きい。ジャイアンツ馬場の握りこぶしくらい?
f:id:yfroot425:20140830224043j:plain

ラベルも手作り風。サランラップで包まれているとこは、もはや家で作るおにぎりと変わらず。
f:id:yfroot425:20140830224050j:plain

サランラップをめくると、こんな感じ。1枚のりで包まれている。
f:id:yfroot425:20140830224056j:plain

具を拡大。量は軽くご飯一膳分かな。
f:id:yfroot425:20140830224101j:plain

こちらの商品、初めて食べたのは2012年1月だったかな。最初のラインナップは、梅&昆布&鮭だか3種類入ったものや、唐揚げが丸ごと入ったものがあったと思う。そのうち、このベーコンオムレツが登場し、私ははまった。

「こんなの好きなの、私だけだろうな」と信じていたのに、いつしか、この商品ばかり作られているので、どうやら人気商品らしいと気づいた。

しかし、この商品欠点がある。一時期、毎日のように食べていたので、その違いがよくわかったのだが…。

違いというのは、この卵&ベーコン、マヨネーズ(だけどクリームチーズっぽい口触りがある)と塩分(おにぎり握るとき塩をまぶしているかも)のコンビネーションが難しい。料理のうまい人が作ると、B級グルメ間違いないマニアックさが出る。加えて、具の位置も難しい。高級なお饅頭のように、具がピタッとセンターにインしていることが少ない。

マニュアルに従ってただ作る人が作ったものに当たると、材料は同じであろうが、まとまりないどデカばくだんであって、不健康食品のようなファーストフード食べている気がしてくる。

とにかく、出来映えと味のブレがC級グルメであって、なかなか(私のなかでは)B級グルメと言えない理由である。

今回も画像に写っているように、ご飯&のりの具合は悪くないが、具のコンビネーションの調和と位置は今一つであった。

具っとサンドおにぎり

どデカばくだんが胃に余る女子をターゲットに開発されたと思う、妹分おにぎりであろうか。いつのまにか登場していたので、楽しみに食してみた。

f:id:yfroot425:20140830224115j:plain

ベーコンに目玉焼きとキャベツ(やや沈んでいた)が挟まっていて、アイディアとしては悪くない。ただ、サンドイッチを真似た形を意識しているせいか、おにぎりとしては不安定な構造になっている。加えて、具の味付けも薄めで、ヘルシーであるがB級グルメとしてのインパクトは薄い。

258円
f:id:yfroot425:20140830224110j:plain

どデカばくだんより高い。今一つ納得できない。

具っとサンドおにぎりは、今回私のなかで及第できなかったが、それなりに楽しませてもらった。さらなる商品の発見を楽しみに、またデイリーヤマザキ赤坂見附店に足を運ぼうと思っている。

GoTop