読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中央線沿いで暮らす。

遠くに行かなくても楽しいが、たまには遠くへも行きたい!

3度目の正直でダイアモンド富士

3回目にしてようやく七面山でダイアモンド富士!

赤倉温泉スキー場と赤倉観光リゾートスキー場

赤倉温泉スキー場と赤倉観光リゾートスキー場

また来た赤倉観光ホテル(ゲレンデ編)

今年2017年も妙高高原の赤倉観光ホテルに滞在してスキーと温泉と... 食べました。

東武日光線に揺られて川治温泉と日光へ

2017年の年越しは栃木県の川治温泉と日光で。

今シーズンの初滑りは「かぐらスキー場」から

越後湯沢駅から行ける「かぐらスキー場」に雪はある!

伊東の小ぶり観光地・大室山と一碧湖

秋満開の伊東にあるプチ観光スポットである大室山と一碧湖

今度は大祭がみたくて登る七面山

年一度の大祭のために七面山の敬慎院へ。天気には恵まれないものの、逆に幻想的な雰囲気となりました。

七面山はピークハントでなくても満喫できます

七面山からの御来光遥拝所からの御来光です。

今回の旅は身延山から始まった

早めの夏休みということで、身延山久遠寺と七面山の登山を楽しんできました。

御岳山の魅力いろいろ

魅力がいっぱい、GW後半初日の3日に御岳山へ。

七面山のダイアモンド富士よ!

霊峰七面山のダイアモンド富士は拝めなくても、他にもいろいろ珍しい経験させていただきました。

七面山のダイアモンド富士を拝めるか?

お彼岸を前に七面山からダイアモンド富士を拝むために登詣しました!

山形蔵王を他にも楽しむために

深山荘高見屋に泊まる 私にとって宿泊を伴うスキー旅行は年1回?の冬バカン、日本のウィンター・リゾートを味わうのが目的なので、今回も蔵王温泉で幅を利かせて… ではなく歴史がある旅館に宿泊してみました。 曇っているのは雪ではなく、手前にある源泉から…

山形蔵王なら樹氷でしょう

スキーが目的で訪れた山形蔵王温泉ですが、樹氷やスノーハイクも楽しんでみました。

今年のスキーは山形蔵王温泉!

圧倒的に迫り来る白 今年は雪不足と聞いていたのに、迫り来る白い世界でした。天気にも恵まれ、贅沢なまでにスキー日和です。14ゲレンデに38リフトの大きいスキーエリアを2日間終日滑り切りました。 私はゲレンデにロープウェイがかかる、こういうポスター向…

富士見パノラマで初滑り

2015年は富士見パノラマで始まり終わる。

富士山登山デビュー3(いざ山頂へ)

朝6時半ごろ出発 晴天です。日頃の運をこのようなチャンス!で消費しています。まずは鳥居が見える八合目?目指します。 吉田口の登山道との合流地点だったでしょうか。大陽館がわずかに見えますが、辺り一面は雲の海です。 9時少し過ぎ、いよいよ山頂です。

富士山登山デビュー2(少しだけ山小屋大陽館紹介)

ご来光に間に合いました! 前日19時には寝ているので、早朝5時起きも苦になりません。それでも私は起きる気力はあっても、朝は身体がついてこないので毎度起床後の身支度にモタつき、今回もご来光を逃したか!とせっかちに外に出たところ、ありがたく拝むこ…

富士山登山デビュー1(富士山から中秋の月)

富士山に登るときが訪れた 毎日富士山が拝めるところで産まれ、「ふじ」がつくレアな名前を持つ私ですが、正直これまで富士山登山にはほとんど興味ありませんでした。理由は混雑しているという評判のせいでしょうか。それが機会あって、1年越しの思いが実現…

ご縁があって今度は雨の大岳山へ

今週のお題「梅雨の風景」 滝を見ながら海沢探勝路 今年1月末に雪の大岳山へ登っているのですが、機会があってまた登ってきました。しかし天候は、雨。前半はどうにか天気はもったものの、後半は久しぶりにレインコートをまとっての雨の日ハイキングになりま…

渋好みな山・奥秩父の熊倉山へ

今回もまた誰にも会わない登山 山登りについては全くな素人なので、ソロ登山は適度に混雑しているメジャーな山を登りたいですが、連れていってもらうなら、静かで人が少なく奥深いところへ行きたいです。けど、蛇には遭遇したくない。 目指す熊倉山は、正面…

富士山見えない金時山はただの山

「飛べない豚はただの豚」ではないが、内心暴言吐きたくなるほど無念なり。見えません。 裾広がりな富士山が見える山として、絶対行くと決めていたのに、ガイドブックを眺めると公共交通機関(電車とかバス)を利用した経路が面倒そうだなと悩んでました。そ…

安比高原は東北の苗場と言ってよいですか?

プリンス系列ではなくても気分は苗場 勧められて行ってきました。岩手県にある安比高原へスキーをするため。東北の他のスキー場を知らずに物申してしまうのですが、苗場な雰囲気を感じてしまいました。 スケールは苗場より大きいです。最長5.5Kmのコースがあ…

ニセ八(偽八ヶ岳)と呼ばれる茅ヶ岳へ

八ヶ岳と茅ヶ岳、どちらが本物? 山梨県にある茅ヶ岳に連れて行ってもらいました。 韮崎駅から見えるニセ八は迫力あるではないか!と感心していたら、これは偽物のニセ八、つまり本物の八ヶ岳でした。

ここも東京?檜原村!大岳山

「わたしたちの東京」で学習したかも 東京都で育った私は、小学4年生のとき社会の授業「わたしたちの東京」で檜原村があること習ったような記憶があります。その後、長らく東京に住んでますが初めてこの地に足を踏み入れました。機会あって奥多摩デビュー、…

ビュー良し!日帰りゲレンデ富士見パノラマ

コスパ高な富士見パノラマリゾート 毎年JR東日本びゅうの日帰りスキーツアーはチェックしていたのですが、見落としていたのでしょうか。今シーズンの初滑りで訪れた、中央本線富士見駅から行く富士見パノラマリゾートの日帰りツアー(¥11,400)は良かったで…

埼玉県秩父の氷柱を見たくて

氷柱をつららと読むと知らなくて 漢字の読みは得意な方と自認していたのに、「こおりはしら」を「つらら」と読むのは、知りませんでした。霜柱は素直に「しもばしら」なのに。 しかも、秩父に見応えありそうな氷柱(ちちぶ三大氷柱)があることも知らず、先…

2015年新年の雲取山あれこれ

北から南へ進むにつれて 何しろ雲取山は初めてなので、今になって振り返ると、見るべきポイントを外しまくっている気分です。玄人(ガイドの方)が、しきりに和名倉山の説明をしてくださるのに、今一つ自分の中で消化できてませんでした。それは互いの経験値…

登り初めは東京で最も高い山へ

山歩きは振り返ってみるのも楽しい 恥ずかしい話、昨年の今頃の私は、日本で2番目に高い山も東京で1番高い山も知りませんでした。その後、夏から冬のスキーに代わるレジャーとして山に登ってみたところ、その奥深さに開眼させられた次第です。 先日1泊2日で…

2014年ラストは丹沢を登る(鍋割山)

目標は鍋割山の鍋焼きうどん 雪の丹沢でアイゼンの練習という名目だったのですが、期待していた雪もなく、すっかり普通の登山となりました。また、当初の予定は「大倉尾根を登り塔ノ岳山頂、鍋割山を経由して下山」から「鍋割山の鍋焼きうどん、塔ノ岳山頂を…

2014年ラストは丹沢を登る(大山)

ケーブルカーも利用し富士山に会いへ 年は越してしまいましたが、2014年ラストの登山を振り返ります。 人が山を登る理由は様々でしょうが、私の場合は理由の一つに富士山を眺めに行くというのが確立しつつあります。雪を被った富士山は、何度見ても飽きませ…

今日もあなた(富士山)は一際ステキ

ちょうどダイアモンド富士の時期とか 長年親しくしている先輩に「高尾山へ行きませんか?」と誘ったところ、一つ返事でOKが出たので、いざ決行!で行ってきました。 昨日、山関係で知り合った方々の忘年会にちゃっかり同席してきたのですが、その時、聞いた…

五湖台の別名をもつ足和田山へ

東京から行ける山はいろいろあった 私は西東京寄りに住んでいるのですが、これほど遠くないところに魅力的な景色を楽しめる場所が多々あることに喜んでます。ということで、今回は足和田山に連れていってもらいました。 この日の富士も期待たっぷりな姿を見…

伯耆大山登山を総括すれば…

いきなり、まとめ もうこちらの画像が全てです。それで、ほどほど満足しています。 最終日にようやく全貌が見えました。 日本海からの冷たい風が山に当たって、笠雲になっているとか? 数時間前はこの雲の中で雪山体験していたのです。

人生最初で最後?の鳥取旅行は雨だった

初日から食べる 事前の天気予報で悪天候の覚悟はしていたものの、やはり山に登って展望得られないのはかなり悲しい。かろうじて、レインコート着用せず登山はできたが早々下山し、心はB級グルメでグランプリをとったひるぜん焼きそばへ。 味噌だれが特徴とい…

さすが丹沢、神奈川塔ノ岳

首都圏から行ける山、登れる山 山梨滝子山で味をしめた私は、今度は神奈川県に向ってみました。神奈川県とは言え、かなり山梨色入っていそうですが、新宿から小田急で向うところがやっぱり神奈川色かもしれません。 朝6:45いきなり調子乗って、特急料金620円…

素敵な山があるよ、山梨滝子山

秀麗富嶽十二景とは? 「東京都から身近で、岩登りがあって、がっつり登れる素敵な山があるよ!」と紹介され、山梨県の滝子山に連れていってもらいました。ちょと調べてみると富士の眺めが日本一美しい街 大月市「秀麗富嶽十二景」の1つでした。 まあ、方角…

甲斐駒ヶ岳グラフィティ2

まとめようと思っても、まとまりません。ということで、思い出を振り返りながら。 登り始めて1時間半ほど、仙水峠(だったと思います)からの摩利支天です。ここから、駒津峰まで2時間弱ほどの急登が続くようですが、実際歩いていると時間の意識がなくなって…

甲斐駒ケ岳グラフィティ1

村営南アルプス林道バスの車窓から 前回の北岳&間ノ岳もそうでしたが、ある場所から先へ、一般車は入ることできません。なので、南アルプス林道バスのお世話になります。これは村営だったのですね! かなり盛況しているようにも思えました。村営とは言え、…

甲斐駒ヶ岳を登りに行ったら御嶽山の噴煙が!!

またとない快晴のもと甲斐駒ヶ岳へ向かう 日頃の行いのためか、今回も晴天に恵まれました! こういうところで、人生の貴重な運を浪費している気もしています。 すでに中央高速から南アルプスの先っぽに存在する甲斐駒ヶ岳(2,967m)の頭が見えます。 1日目は…

今のとこ最もゴージャスなスキー旅行は赤倉観光リゾート

高校時代の思い出も詰まっている赤倉温泉 スキーは新潟より長野が好みですが、ここは別。高校時代の任意のスキー教室で訪れ、日常の先生方の違う一面にも触れ、ビールこそ出ませんが、楽しい思い出一杯の地です。今回は贅沢なアラフォースキーという狙いで、…

冬に行った志賀高原の復習

日本にもあるあるリゾート地 なぜ若いころは、海外に憧れるのでしょう。日本にも素敵なリゾート地は多くあるのに。今年2月にスキーで訪れた志賀高原ですが、早くも中国人がそれなりにおりました。私の知っている中国の中国人に比べれば、行儀良い感じでした…

百名山から眺める百名山たち

山登り、始めたばかりで無知です。北岳が日本第2位の高さであることも、先日知ったばかり。予習して登ったつもりでも、大事なものを見落としたり、運良く見落とさなかったりで山々を眺めてきました。 鳳凰三山や仙丈ヶ岳を眺める 山登りを始めると、口々に「…

山小屋デビュー on Mt.北岳

まずは行程の復習 中高年に人気の登山、山小屋デビューも果たして私もいよいよ中高年の仲間入り。 富士山の次に高い山「北岳」に登る - さまよえるアラフォーはてなブックマーク - 富士山の次に高い山「北岳」に登る - さまよえるアラフォー

富士山の次に高い山「北岳」に登る

つい先日まで日本で2番目に高い山を知らなかった私が、ついに登ってみました。 北岳から間ノ岳の縦走コース 1日目:広河原(1,520m)〜白根御池小屋(2,236m)泊 2日目:白根御池小屋〜肩ノ小屋〜北岳(3,193m)〜北岳山荘(2,880m)〜間ノ岳(3,189m)〜北…

GoTop